当サイトでは記事内にアフィリエイト広告を使用しています。

【RIZIN.45】クレベル・コイケ vs 斎藤裕の勝敗予想と試合結果

試合情報

2023/12/31(日)に開催される「RIZIN.45」のワンマッチである「クレベル・コイケ vs 斎藤裕」の勝敗予想をしていきます。

以下より【クレベル・コイケ vs 斎藤裕】勝敗予想の投票ができます。

【クレベル・コイケ vs 斎藤裕】どっちが勝つ?

View Results

Loading ... Loading ...

結論から言いますと、この試合は「クレベル・コイケ 判定勝利」と予想します。

ますは両者のプロフィールを見ていきましょう。

クレベル・コイケ

生年月日 1989年10月16日(34)
身長 178cm
リーチ 183cm
戦績 31勝7敗
直近5試合 2勝2敗

斎藤裕

生年月日 1987年10月8日(36)
身長 173cm
リーチ 171cm
戦績 21勝7敗
直近5試合 2勝3敗

身長こそ5cm差ではありますが、リーチはクレベル選手が12cm長く、斎藤選手が打撃を当てて行くにはかなり踏み込む必要があります。

しかし、踏み込むことでクレベル選手のタックルの餌食になります。

斎藤選手は「摩嶋・牛久・朝倉・ケラモフ戦」ではいずれもテイクダウンを取られており、テイクダウンディフェンスに優れているわけではありませんが、キャリアで一本負けはないため、グラウンドディフェンス(寝技の対応)に優れています。

クレベル選手は単純なタックルでのテイクダウンこそ得意ではないものの、壁際での首投げ(柔道技)得意としています。

 

ボディを中心に打撃でポイントを奪って行く斎藤選手と、ごちゃごちゃのスクランブルからテイクダウンをし、一本を狙うクレベル選手の、試合展開になることが予想されます。

 

コツコツ打撃を当てていき、タックルで壁際に押し付け、判定で勝利する展開が多い斎藤選手ですが、クレベル選手は引き込みから三角絞めや腕十字でのサブミッションを得意としているので、この試合はタックルに行くことができないと思います。

 

1Rは斎藤選手が打撃で上手く距離を作り、ポイントを奪って行きますが、2Rからクレベル選手がガンガン前に詰めてきて、組みの展開からテイクダウンを許し、防戦一方になるのではないかと予想しています。

 

持ち前のグラウンドディフェンスで一本こそ取られないものの、試合トータルで見ると、クレベル選手の試合となり、判定3-0でクレベル選手が勝利するのではないかと思います。

 

何かと因縁のある両者。この試合の勝ち負けは非常に重要で、負けた選手は一気にフェザー級トップ戦線から転落することになります。

世間からも注目されている一戦です。

 

【RIZIN.45】クレベル・コイケ vs 斎藤裕 / 試合結果

クレベルが斎藤裕に3R 一本勝ち!

RIZIN.45の試合結果一覧はこちら

 

    コメント

    PAGE TOP